会社時代に携わってきたリスクマネジメント業務をアップしました。

2009年に発刊されたISO31000で、リスクの最小化の概念からリスクの最適化の概念がリスクの対応で必要だということが言われ始めました。
勤務していた米系メジャー会社では1990年半ばに、既に最適化の概念を有したマネジメントシステムが存在。グローバル企業であることから、世界中の「良いやり方」であるベストプラクティスが確立されたころです。全てを最小化するのではなく、ベストプラクティスに近づけるというアプローチが既にありました。

1990年半ばから2015年まで、ビジネスとリスクについて、社員目線、マネージャー目線、そして経営者目線で携わってきました。「使えるツール」をこれから皆さんにお伝えすることが私の使命です。

PS:セミナー風景の動画も合わせてアップしましたので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

あいば