IMG_3373

当日は、都内がとても冷え込みました。雨交じりの日にも拘わらずお越しいただいた皆さま有難うございました。

今回のテーマは「不祥事をマネージする」!です。コンプライアンスの必要性が言われ続け、多くの日本企業で導入されてきました。しかし、毎月、毎週、毎日、不祥事のニュースが尽きることはありません。

そう言う中、コンプライアンスの教科書や、コンプライアンス研修のメニューは、相変わらず同じことを言っています。

社員教育に本当に効果があるのか?そういう疑問を持ちました。そう思った理由は、研修講師を始めて様々なテキストを見る機会が増えたからです。

一般的な「コンプライアンス研修、不祥事研修」あるいはビジネス書とは少し違ったアプローチが出来ないか?

IMG_3364

今回は不祥事の中の「過失」の場合と、「当事者でない」場合を中心にお話しをして、参加者の皆さんに2つのワークを実施いただきました。

一つ目は「あえて不祥事起こす!」組織の弱点を見るためのものです。

二つ目は「自分の業務のリスク!」と弱点の接点を見つけるもの。

今回の参加者の皆さまは、サービス業、施設業など。そして保険業の方にもお越しいただきました。ワークを通して参加者同士で様々な意見交換をしていただきました。

その中でも、いかに「ヒトを」動かすのか?そこに尽きるというお話しが出ました。しかし、一つ言えるのは参加者の方々は少なくとも「ヒトをどうやって動かそうかと」考えることが出来た!つまり動くのは当たり前の立場になっていたのです。

大きなヒントです。

皆さまからいただいたフィードバックを基に、今後も引き続き「きっかけ」になるものをご提供していきたい。それに対して何ができるのか突き詰めていきたいと思いました。

 

IMG_3368