仕事をするひとの「リスク感覚」を大切にします

トップコンテンツ 表題

  • HOME »
  • トップコンテンツ 表題

人材開発!何から始めればよいか!

多くのグローバル企業で、リスクマネジメントの重要性が認識されています。例えば組織体制を見ても容易に理解できます。

企業においては、取締役会や経営執行陣の下、様々なカンパニー、事業部、部課が配置されています。そういう中で、「リスクマネジメント部門」が、トップマネジメントの直下におかれ経営全般をカバーしている組織体制をしく企業は少なくありません。

組織全体で広範囲に日々「リスクマネジメント」の取り組みが行われるべきです。それぞれの部門で、一人一人が専門の業務を実施しながら、合わせて「リスク感覚」を持つということが大切です。

組織全体のリスク、部門全体やチーム内のリスク、そして何よりも自分自身のリスクを「常に」意識して業務を実行していくことです。

リスク感覚を持ったリーダーシップ!

例えばISO9001などのマネジメントシステムの中で「リスクを理解すること」の意義が昨今急速にクローズアップされてきています

組織における管理職やリーダー職の役割として、「リスクマネジメント力」「リスク管理力」を挙げる企業は増えてきています。「リスクマネジメント」を学ぶことが必須となっている企業も増えてきています。

一方で、リーダーシップとは何か?たくさんの様々な見方、考え方がありますが、「組織の目標に向かって、他を動かすことのできる能力」であると信じます。そこに、是非「リスクマネジメント力」を加えてみてください。

世界的なグローバルスタンダードのリーダーシップをたくさん見てきました。社長や課長だけではなく、社員も素晴らしいリーダーシップを持っている事例をたくさん見てきました。そこには必ず「リスク感覚」がありました。

誰にでも使えます!

「リスクマネジメント」は、PDCAに基づいた問題発見・解決手法であり、その有効性が多くの組織で実証されています。リスク活動によって、特に現場を中心にコミュニケーションが活発になるというメリットもあります。

職場や現場の リスクを
i) 特定し(洗い出し)
ii) 分析し(知り)
iii) 評価する(判断する)
ものです。そして解決や改善策としての リスク対応(対応策の実行) を行います。
決して大企業だけの手法ではありません。

実は、リスクマネジメントは出来る部分からやってみることが大事なのです。我々とともに、リスクマネジメントを始めてみましょう!

リスクマネジメント研修

を中心に、様々な「形」をご提供しています。

1. リーダーシップ、リスクマネジメント、をコアとした 各研修の実施。
2. 既存の職場でのリスク掘り起こし、社内勉強会等の ファシリテーションの実施。
3. 現在の改善活動などを、リスク目線で拡張していく クリニック開催。など

多様な形で、皆様をご支援いたしております。

 

代表 饗庭 博之

PAGETOP
Copyright © スムースオペレーション SMOOTH OPERATION All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
クレジットカードを作成する際の本人確認